03-6426-0482
受付時間 平日9:30~18:00(年末年始除く)

メールマガジン

MAIL MAGAZINE
2021.02.25

[C-vol.22]障がい特性とはなにか~理解に必要な観点~

━━◆障がい者雇用のヒントをお届け!◆━━━━━
東京都ビジネスサービス株式会社   2021.2.25
HEARTFUL メールマガジン -vol.22-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。
新Webサイト開設!!『障がい者雇用デザイン室』

障がい者雇用支援サービスの【新Webサイト】を開設しました。
障がい者雇用に役立つ資料やコンサルティング事例など、
今後さまざまなコンテンツを追加予定です。ぜひご覧ください!

https://sk-design.tokyotobs.co.jp/
゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

始めに当社からのフォーラムのご案内です。
3月5日(金)に、リコージャパン株式会社との共催で、
「しょうがい者就労支援フォーラム」を開催します。
テーマは、「これからの障害者雇用の在り方」
東京通信大学 人間福祉学部 松為 信雄教授を講師にお迎えし、
しょうがい者雇用の現状と課題、そしてこれからの雇用について考える内容となっております。。
今回はオンライン参加のみの開催です。
参加ご希望の方は添付のご案内をご覧ください。皆様のご参加お待ちしております。

早いもので、3月決算の企業では、本年度も残り1ヶ月となりました。
また、3月は雇用率が0.1%引き上げとなり、ロクイチ調査もそろそろ視野に入れなくてはならない時期となっています。
年度末などの節目や季節の変わり目は、調子を崩す社員も増える傾向にあり、人事総務など障がい者雇用担当の方は、対応に忙しい日々を送られているのではないでしょうか。

そんな折の21回目のテーマは。
「障がい特性とはなにか~理解に必要な観点~」

前回は面接のポイントをお伝えしました。
その際に、障がいについてはしっかり聞き取りをすることをお勧めしましたが、その理由は、障がい特性は人それぞれであり、同じ障がい名だからと言って同じ症状・特性ではないから、という点にあります。

皆さんの性格がそれぞれ違うように、障がいのある方もそれぞれに個性があります。
そもそも、「障がい」とは、その人を形成する要素の一つにすぎず、その一部分だけを見て、カテゴライズすることはできないものなのです。
例えば、「血液型がA型だから、あなたはこういう性格」というのがナンセンスなことは誰もが承知していることと思います。
それと同じで、「発達障がいだから、コミュニケーションが苦手」とか、「知的障がいだから難しいことはできない」とは言い切れません。
これまでの経歴や本人の性格などから、会話術に長けている発達障がいの方はいますし、パソコン作業が得意な知的障がいの方もいます。
ですから、あくまでもその人自身について、何が得意で何が苦手か、配慮すべき点がなんであるか、を理解することが必要となります。

採用選考の判断も、入社後の定着でも、この観点がないとミスマッチ・不適合を起こす要因となってしまいます。
面接の段階から、「〇〇障がいの方」ではなく、「□□さん」という個人として捉え、その人の「障がい特性」という「個性」を把握するように考えてみてください。
そうすると、先入観で「採用は難しそう」と思っていた人材も、貴重な戦力となる人財に変わるかもせれません。

障がい者雇用も、数年前とは様変わりをしてきています。
求職者の市場は、精神障がい・発達障がいが多くを占め、身体障がい者のみを採用する方向では雇用率を達成することは難しくなっています。
だからこそ、個々の個性や能力に目を向け、広い視野で採用を進めていくことが重要となっているのではないでしょうか。

職場定着についても同様です。
個々の個性を理解しなければ、正しい対応はできません。
これは障がいのある社員に限ったことではなく、一般の社員にも同じことが言えるでしょう。
1人1人がどんな性格で、何が得意か、どんな状況に弱いのかを管理者は理解することが重要、といった話は、一般の雇用管理研修などでもよく言われることかと思います。
障がいのある社員も、そこに違いはありません。

「障がい」だけがその人を作っているわけではない、ということを理解していただくことが、障がい者雇用を進めていくための第一歩ではないでしょうか。

是非、改めて「障がい特性」とはなにかを考えた上で、採用や雇用管理に取り組んでいただけたらと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。
このメールマガジンでは、皆様のご意見を募集しています。
「こんなテーマでやってほしい」「こんな悩みに答えてほしい」など、ご要望がありましたら、どんどん取り上げていきます。
「heartful@tokyotobs.co.jp」まで気軽にご意見をお寄せ下さい。
今後も、皆さんのお役に立つような情報を発信していきたいと思いますので
どうぞよろしくお願いします。

・。・。お知らせ・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
高田馬場officeに障がい者雇用相談室を開設。
「採用について困っている」「職場定着のヒントが欲しい」
「社内の障がい者雇用に対する意識を変えたい」「他社の障がい者雇用現場を見学したい」
などのお悩みや、その他障がい者雇用に関するご相談に無料で対応いたします。
ご希望の方は、日時をお電話かメールでご予約いただき、高田馬場にご来所ください。
経験豊富なコンサルタントが直接アドバイスをさせていただきます。
また、メールやオンラインでも無料相談を受け付けております。
是非、お気軽にご利用ください。
TEL:03-6426-0482  Mail:heartful@tokyotobs.co.jp
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪
メールマガジンのバックナンバーはこちらから。
メルマガの新規配信希望は登録フォームにどうぞ。
URL:https://www.tokyotobs.co.jp/mail-magazine/form/
♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

——*——*——*
【無料メール相談】実施中!
https://sk-design.tokyotobs.co.jp/contact/
採用、雇用管理、定着など、悩みの多い障がい者雇用…
お困りごとを抱えず、気軽にご相談いただけるよう
メール相談窓口を開設しました!
——*——*——*

*–.*–.*–.*–.*–.*–.*–.
東京都ビジネスサービス株式会社は、
「仕事を通じて社会に貢献したい」という障がい者の夢を実現させることを目的に
昭和61年に東京都と株式会社システナとの共同出資で設立された、第三セクター企業です。

■弊社サービスのご紹介■

▼採用活動にお困りの企業様へ…
人材紹介など!しょうがい者採用支援サービス
https://sk-design.tokyotobs.co.jp/service/recruit-support/

▼定着にお困りの企業様へ…
スタッフ派遣や面談支援など!しょうがい者定着支援サービス
https://sk-design.tokyotobs.co.jp/service/reinstatement-support/

▼業務切り出しや環境整備など、障がい者雇用の進め方でお困りの企業様へ…
各種コンサルティングサービス
https://sk-design.tokyotobs.co.jp/service/all-consulting/
*–.*–.*–.*–.*–.*–.*–.

▼障がい者雇用の社内理解についてお困りの企業様へ…
研修・その他のサービス
https://sk-design.tokyotobs.co.jp/service/training/

■■お問合せ■■
弊社サービスや配信内容について、ご質問・ご相談がありましたら、
お気軽にお問合せください!
Mail:heartful@tokyotobs.co.jp
TEL:03-6426-0482
—-
◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京都ビジネスサービス株式会社
ダイバーシティ推進部ハートフルリレーション課
コーポレートサイト→https://www.tokyotobs.co.jp/
サービスサイト→https://sk-design.tokyotobs.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆◆
●本メールマガジンの配信解除をご希望の方は、
大変お手数ですが、件名に「メルマガ停止」とご記入のうえ、
本メールへご返信くださいませ。

メールマガジンの登録

企業向けバックナンバー

支援機関向けバックナンバー

CONTACT

お問い合わせ

障がい者雇用に関することなら何でも! お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせは

03-6426-0482
受付時間 平日9:30~18:00(年末年始除く)

WEBからのお問い合わせは