03-6426-0482
受付時間 平日9:30~18:00(年末年始除く)

メールマガジン

MAIL MAGAZINE
2021.05.10

[C-vol.27]連休明けの雇用管理~不調に気づく面談のすすめ~

━━◆障がい者雇用のヒントをお届け!◆━━━━━
東京都ビジネスサービス株式会社   2021.5.10
HEARTFUL メールマガジン -vol.27-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、こんにちは。

東京都ビジネスサービス株式会社では、
障がい者雇用に関するメールマガジンを配信しています。
皆さんのお役に立つような情報を発信していきたいと思います。

あっという間にゴールデンウィークも終わりましたね。
今年はお休みの日数が少なかった方も多いのではないでしょうか。
残念ながら東京の緊急事態宣言は延長となり、相変わらず不安がつきまとう状況です。
逆にこの状況に慣れてしまい、感染予防が疎かになってしまう方もいるかもしれません。
連休が明けた直後は体や心のリズムが崩れている社員も見受けられると思います。
一見、特に問題がなさそうな社員でも、しばらくしてから調子を崩すといったパターンもあります。

そこで27回目のテーマは。
「連休明けの雇用管理~不調に気づく面談のすすめ~」

連休明けは、障がいのある社員でなくても調子が出ないことがあるものです。
特に、精神障がいの方であれば、リズムの変化から不調になることも少なくありません。
障がい者社員に対しては、定期的に面談をしている企業も多いかと思いますが、連休明けなどは、早めに面談をして様子を確認することをお勧めします。

面談は、いつもと同じ環境で行いましょう。
環境が違ってしまうと、余計な緊張感や不安を生じてしまいます。
余裕があれば、連休中の話など雑談から入ると気持ちがほぐれて話しやすい雰囲気が作れるでしょう。

面談で確認するポイントをいくつか挙げてみます。
・生活リズム
起床時間、就寝時間が規則正しくできていたか、食事の時間や量・バランスが整っていたか、など休み中の生活リズムが乱れていなかったかを確認してみると良いでしょう。
どうしても休みになると自己管理が甘くなりがちな方が増えます。
確認することで自身の体調を整えるための努力ができているかどうかがわかりますし、不調の要因があるのかのヒントとなります。
リズムが崩れているようであれば、正しく整える指導をすることも大切な雇用管理となります。

・過ごし方
どんなことをして過ごしたのか、プライベートな情報であることに気を付けながら、聞ける範囲で聞いてみてはいかがでしょうか。
何か精神的に負担になるような出来事があれば、不調の要因として留意しておきます。
ただし、重い内容であればその場で何か助言をすることは避けた方が良いと思います。
相談できる機関(支援者や医療機関など)に話をすることを勧めてください。

・自身の調子の自己評価
現在の自分の調子を、本人がどうとらえているかを確認しておくことも有効です。
自分自身の調子が良い・悪いを理解できているかということはとても重要です。
また、雇用側が不調ではないかと感じても、自身で不調に気が付いていない場合には、自己理解の低さがあることが確認できます。
今後の対応では、不調にサインなどを本人と相談しながら見つけていくといった指導が必要になるかもしれません。

自己管理をしていける社員を育てていくことが安定就労につながっていくことになります。
社員が自己管理できているか、またできていない場合にはどうしたらできるようになるかを考えるためにも、休み明けの面談は有意義な機会となるでしょう。
不調が見られれば、早めの対処が肝心です。
調子を崩してから時間がたってしまうと、その分回復にも時間がかかりますので、不調の芽が小さいうちに適切な対応をすることが重要です。

安定して業務に励んでもらうために、要所要所でチェックをしていくことが雇用管理のポイントとなります。
面談の機会を作り、社員の変化を見逃さないようにしていただきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。
このメールマガジンでは、皆様のご意見を募集しています。
「こんなテーマでやってほしい」「こんな悩みに答えてほしい」など、ご要望がありましたら、どんどん取り上げていきます。
「heartful@tokyotobs.co.jp」まで気軽にご意見をお寄せ下さい。
今後も、皆さんのお役に立つような情報を発信していきたいと思いますので
どうぞよろしくお願いします。

゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。
新Webサイト開設!!『障がい者雇用デザイン室』

障がい者雇用支援サービスの【新Webサイト】を開設しました。
障がい者雇用に役立つ資料や当社サービス事例など、
今後さまざまなコンテンツを追加予定です。ぜひご覧ください!

https://sk-design.tokyotobs.co.jp/
゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
高田馬場officeに障がい者雇用相談室を開設。
「採用について困っている」「職場定着のヒントが欲しい」
「社内の障がい者雇用に対する意識を変えたい」「他社の障がい者雇用現場を見学したい」
などのお悩みや、その他障がい者雇用に関するご相談に無料で対応いたします。
ご希望の方は、日時をお電話かメールでご予約いただき、高田馬場にご来所ください。
経験豊富なコンサルタントが直接アドバイスをさせていただきます。
また、メールやオンラインでも無料相談を受け付けております。
是非、お気軽にご利用ください。
TEL:03-6426-0482  Mail:heartful@tokyotobs.co.jp
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪
メールマガジンのバックナンバーはこちらから。
メルマガの新規配信希望は登録フォームにどうぞ。
URL:https://www.tokyotobs.co.jp/mail-magazine/form/
♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

——*——*——*
【無料メール相談】実施中!
https://sk-design.tokyotobs.co.jp/contact/
採用、雇用管理、定着など、悩みの多い障がい者雇用…
お困りごとを抱えず、気軽にご相談いただけるよう
メール相談窓口を開設しました!
——*——*——*

*–.*–.*–.*–.*–.*–.*–.
東京都ビジネスサービス株式会社は、
「仕事を通じて社会に貢献したい」という障がい者の夢を実現させることを目的に
昭和61年に東京都と株式会社システナとの共同出資で設立された、第三セクター企業です。

■弊社サービスのご紹介■

▼採用活動にお困りの企業様へ…
人材紹介など!しょうがい者採用支援サービス
https://sk-design.tokyotobs.co.jp/service/recruit-support/

▼定着にお困りの企業様へ…
スタッフ派遣や面談支援など!しょうがい者定着支援サービス
https://sk-design.tokyotobs.co.jp/service/reinstatement-support/

▼業務切り出しや環境整備など、障がい者雇用の進め方でお困りの企業様へ…
各種コンサルティングサービス
https://sk-design.tokyotobs.co.jp/service/all-consulting/
*–.*–.*–.*–.*–.*–.*–.

▼障がい者雇用の社内理解についてお困りの企業様へ…
研修・その他のサービス
https://sk-design.tokyotobs.co.jp/service/training/

■■お問合せ■■
弊社サービスや配信内容について、ご質問・ご相談がありましたら、
お気軽にお問合せください!
Mail:heartful@tokyotobs.co.jp
TEL:03-6426-0482
—-
◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京都ビジネスサービス株式会社
ダイバーシティ推進部ハートフルリレーション課
コーポレートサイト→https://www.tokyotobs.co.jp/
サービスサイト→https://sk-design.tokyotobs.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆◆
●本メールマガジンの配信解除をご希望の方は、
大変お手数ですが、件名に「メルマガ停止」とご記入のうえ、
本メールへご返信くださいませ。

メールマガジンの登録

企業向けバックナンバー

支援機関向けバックナンバー

CONTACT

お問い合わせ

障がい者雇用に関することなら何でも! お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせは

03-6426-0482
受付時間 平日9:30~18:00(年末年始除く)

WEBからのお問い合わせは