03-6426-0482
受付時間 平日9:30~18:00(年末年始除く)

メールマガジン

MAIL MAGAZINE
2021.09.14

[C-vol.35]WeThe15~障がい者はマイノリティか~

━━◆障がい者雇用のヒントをお届け!◆━━━━━
東京都ビジネスサービス株式会社   2021.9.14
HEARTFUL メールマガジン -vol.35-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、こんにちは。

東京都ビジネスサービス株式会社では、
障がい者雇用に関するメールマガジンを配信しています。
皆さんのお役に立つような情報を発信していきたいと思います。

早いもので、もう9月も中旬ですね。
賑やかだった蝉の声も静まり、金木犀の花も咲き始めて、秋の気配が濃くなってきました。
今年は残暑もあまり続いておらず、過ごしやすい日が多くなっていますね。
さて、9月5日にパラリンピックが閉幕しました。
今回の大会では、合計51個のメダルを獲得し、2004年のアテネ大会の52個に次ぐ歴代2位の記録となりました。
日本での開催ということで、パラ競技に初めて触れた方も多かったのではないでしょうか。
また、開会式や閉会式をご覧になった方もたくさんいらっしゃったかと思います。

そこで35回目のテーマは。
「WeThe15~障がい者はマイノリティか~」

パラリンピックの開会式・閉会式をご覧になった方は、「WeThe15」と題したキャンペーン映像を目にしたのではないでしょうか。
またパラリンピック開催前の8月19日、東京スカイツリー、レインボーブリッジ、東京都庁が紫色にライトアップされているのを目撃した方もいらっしゃるかもしれません。

8月19日、国際パラリンピック委員会(IPC)は、世界の人口の約15%、12億人とされる障がいのある方の人権を守る新たなキャンペーン「We The 15」の立ち上げを発表しました。

この立ち上げを祝って、東京の建物だけでなく、アメリカのエンパイアステートビル、イタリアのコロッセオ、アメリカ・カナダ国境のナイアガラの滝、イギリスのロンドン・アイなどの世界中の125か所以上のランドマークがシンボルカラーである紫色にライトアップされたそうです。

では、「We The 15」とはどんな運動なのでしょう。

共生社会の実現に向けて「多様性と調和」を掲げ、先日開催された2020年東京パラリンピックにあわせて発表、開始されたキャンペーンです。
社会の人々の障がい者への意識を変え、世界中の障がい者への偏見や差別をなくすための試みとして、国際パラリンピック委員会をはじめとする障がい者スポーツを推進する団体や障がい者の権利を擁護する団体、また非政府組織(NGO)および政府間組織、国連機関を含む国際機関によって企画されたものです。
つまり、障がいのある人への差別を無くし、障がいの可視化やインクルージョン、アクセシビリティに働きかける世界的な運動ということです。

今後10年間でイベントやSNSを通したキャンペーンを展開し、障がい者が暮らしやすいアクセシビリティ(設備環境)の改善など、毎年テーマを1つ決め、共生社会の実現に向けた取り組みを具体化していくそうです。
すでにこの取り組みに賛同し、キャンペーン活動を始めている企業もあります。

パラリンピックに合わせてスタートしたこの運動ですが、スポーツだけに特化したものではありません。
きっかけはパラ競技やパラアスリートを知ることろから始まるかもしれないですが、その向こうに世界の人口の約15%、12億人の障がいのある方がいるということを知ってほしいということです。
そして、障がいのある人を「特別な存在」や「感動的な存在」としてではなく、障がいのない人々と同じ課題を抱えた普通の人々とした上で、隔てるのではなく受け入れるべき存在として捉えようということです。

さて、障がい者雇用の現場はどうでしょうか。
以前にも、障がいはその人を形成する一つの要素に過ぎず、同じ人として考えることが必要だという内容をお伝えしたかと思います。
障がい特性による生きづらさはそれぞれ抱えていますが、それ以外に変わるところはないのかもしれません。

この「WeThe15」という取り組みから、障がい者について、障がい者雇用についての捉え方を考えるきっかけになればと思います。
全人口の15%、この割合はマイノリティでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。
このメールマガジンでは、皆様のご意見を募集しています。
「こんなテーマでやってほしい」「こんな悩みに答えてほしい」など、ご要望がありましたら、どんどん取り上げていきます。
「heartful@tokyotobs.co.jp」まで気軽にご意見をお寄せ下さい。
今後も、皆さんのお役に立つような情報を発信していきたいと思いますので
どうぞよろしくお願いします。

゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。
新Webサイト開設!!『障がい者雇用デザイン室』

障がい者雇用支援サービスの【新Webサイト】を開設しました。
障がい者雇用に役立つ資料や当社サービス事例など、
今後さまざまなコンテンツを追加予定です。ぜひご覧ください!

https://sk-design.tokyotobs.co.jp/
゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
高田馬場officeに障がい者雇用相談室を開設。
「採用について困っている」「職場定着のヒントが欲しい」
「社内の障がい者雇用に対する意識を変えたい」「他社の障がい者雇用現場を見学したい」
などのお悩みや、その他障がい者雇用に関するご相談に無料で対応いたします。
ご希望の方は、日時をお電話かメールでご予約いただき、高田馬場にご来所ください。
経験豊富なコンサルタントが直接アドバイスをさせていただきます。
また、メールやオンラインでも無料相談を受け付けております。
是非、お気軽にご利用ください。
TEL:03-6426-0482  Mail:heartful@tokyotobs.co.jp
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪
メールマガジンのバックナンバーはこちらから。
メルマガの新規配信希望は登録フォームにどうぞ。
URL:https://www.tokyotobs.co.jp/mail-magazine/form/
♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

——*——*——*
【無料メール相談】実施中!
https://sk-design.tokyotobs.co.jp/contact/
採用、雇用管理、定着など、悩みの多い障がい者雇用…
お困りごとを抱えず、気軽にご相談いただけるよう
メール相談窓口を開設しました!
——*——*——*

*–.*–.*–.*–.*–.*–.*–.
東京都ビジネスサービス株式会社は、
「仕事を通じて社会に貢献したい」という障がい者の夢を実現させることを目的に
昭和61年に東京都と株式会社システナとの共同出資で設立された、第三セクター企業です。

■弊社サービスのご紹介■

▼採用活動にお困りの企業様へ…
人材紹介など!障がい者採用支援サービス
https://sk-design.tokyotobs.co.jp/service/recruit-support/

▼定着にお困りの企業様へ…
スタッフ派遣や面談支援など!障がい者定着支援サービス
https://sk-design.tokyotobs.co.jp/service/reinstatement-support/

▼業務切り出しや環境整備など、障がい者雇用の進め方でお困りの企業様へ…
各種コンサルティングサービス
https://sk-design.tokyotobs.co.jp/service/all-consulting/
*–.*–.*–.*–.*–.*–.*–.

▼障がい者雇用の社内理解についてお困りの企業様へ…
研修・その他のサービス
https://sk-design.tokyotobs.co.jp/service/training/

■■お問合せ■■
弊社サービスや配信内容について、ご質問・ご相談がありましたら、
お気軽にお問合せください!
Mail:heartful@tokyotobs.co.jp
TEL:03-6426-0482
—-
◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京都ビジネスサービス株式会社
ダイバーシティ推進部ハートフルリレーション課
コーポレートサイト→https://www.tokyotobs.co.jp/
サービスサイト→https://sk-design.tokyotobs.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆◆
●本メールマガジンの配信解除をご希望の方は、
大変お手数ですが、件名に「メルマガ停止」とご記入のうえ、
本メールへご返信くださいませ。

メールマガジンの登録

企業向けバックナンバー

支援機関向けバックナンバー

CONTACT

お問い合わせ

障がい者雇用に関することなら何でも! お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせは

03-6426-0482
受付時間 平日9:30~18:00(年末年始除く)

WEBからのお問い合わせは